マブエの絵本日記

絵本を読んだこと、見たこと、思うことなどを綴ります。

脱!親コピー期。いざ、カスタマイズ!

f:id:mombook-air:20180411161351j:plain

いよいよ、息子が小学3年生になりました。

4月から、息子が「小学3年生」として小学校に通っています。

はやいな~。

私は、息子が「小学3年生」を迎えるのを特別な思いで待っていました。

なぜかというと、

「小学3・4年生の在り方が、本当のその子らしさ」

と、「ばななせんせい」が言っていたからです。

「小学1・2年生は親のコピー期、小学5・6年生は親の社会性のコピー期」

なのだそうです。

親コピー期の中間にある小学3・4年生に「その子が、その子らしくある在り方」が出始めるというのです。

じゃあ、親コピー期の悩みって・・・

ばななせんせいのこの説、聞いた瞬間は「へえ~(鵜呑み)」って思いました。

でもその2秒後ぐらいに「え?ちょっと待って」と思いました。

だって、、、ということは、、、

コピー期の息子に対する悩みは、そのまま自分自身の悩みということになるのか!?

この親コピー説を聞いたのは、息子が「親コピー期」真っ盛りの頃です。

その頃の私は、息子(当時5~6歳くらい)に対して悩んでいたのです。

自分の親としての関わり方に自信が持てずにいた頃でした。

  • 息子の本音がわからない
  • 息子は、周りに気をつかって本音を言ってないような気がする
  • 察してもらうまで、自分の要求を言わないでいる

親コピー説を信じるなら、私が本音を言ってないということになるわけですよ。

上の項目全部、自分に跳ね返ってくるわけです。

そう考えると「まさか!(コピー!?)」と思いました。

私、どちらかといえば本音で生きてる方だし!

全然、いつも本音言ってるし!と。

じゃあ、父親(夫)の方をコピーしてるのか?

ん?じゃあ幼少期の兄弟・姉妹・双子は、みな同じ性格になっちゃうってこと?

・・・って頭の中に、いろんな疑問が沸きました。

やっぱり、コピーされてた

私の中でいろんな「?」が沸き起こったこの説ですが、今は腑に落ちています。

考えてみれば、人間も動物なのだから、最初は本能的に身近な存在を真似る。

身近な親を模倣の対象として、成長するために生き方を真似る時期がある。

生きるための戦略として、ごく自然に親をコピーしようとするんだと納得しました。

同じ親をコピーしてても、兄弟や双子で違いが出るのも生きるための戦略なのかなと。

やばい、キャラかぶるじゃん!じゃあ反転コピーで真似るよ。みたいな?

ばななせんせいは、こうも言いました。

こどもは、おかあさんの「ほんとう」を見抜いている。

そして、おかあさんのほんとうの姿を愛している

私はこの説を、じわりじわりと受け入れました。

息子は懸命に私をコピーしてくれたなあと思います。

私の本音を言わない関わり方をコピーして見せてくれていました。

本音をなかなか見せない親のコピー期を終えて、息子はこれからどんな在り方を示していくのかなぁ。

コピーから、どんなカスタマイズをしていくのか、楽しみだけど、ちょっとこわいです。

くそばばぁああとか言われちゃうのかなー。笑

---

※ばななせんせいについて

ばななせんせいの親コピー説が気になった方は、ばななせんせいのインタビュー記事もぜひ読んでみてください。

私は、このインタビュー記事にある「あり方スクール」を体験して、自分が本音をなかなか言わないでいたと気づきました。(^^;

ママのための学校『あり方スクール』インタビュー「頑張りすぎるママへ」伝えたいこと(1/3) - ハピママ*

---

追記:

「ばななせんせい」について記事を書きました。

ばななせんせい【前編】
ばななせんせい【後編】