マブエの絵本日記

絵本を読んだこと、見たこと、思うことなどを綴ります。

赤ちゃんとして生まれて死ぬまでの間を点とする

海外ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』

最近とてもハマっている海外ドラマがあります。

『THIS IS US 36歳、これから』。
※ 2月4日(日)23:00~、2話連続で最終話まで放送されます!

www4.nhk.or.jp

去年の年末、山田花菜ちゃんの絵を買ったことを記事にしましたが、その頃から花菜ちゃんにずっと勧められていたドラマです。

日曜の夜にNHKで放送されていて、観たことがなかったのだけど、今年の初めに第一話から一挙放送していたので、それから観るようになりました。

第一話を見終えた感想は「どんな展開になるんだろう?なんで花菜ちゃんは私に勧めたんだっけ?」でした。

1話を見終えた段階で花菜ちゃんに早速、おススメした理由を問うと、「とにかく、何も聞かずに見てほしい」と。

「あと、高橋一生の吹き替えも楽しめ」と。笑

 

一挙放送分の13話まで観た時には、花菜ちゃんが言わんとすることが理解できました。

1話1話と観ていくうちに、「点」と「点」がつながっていき、景色が広がっていく感じ。

その「点」は、名前だったり、言葉だったり、人だったり、場所だったり、時間だったり。

人生にはいろんな伏線があって、その伏線はいろんな人の点からできていて。

今なら花菜ちゃんが、この景色を共有したかったんだってわかる。

 

赤ちゃんとして生まれて死ぬまでの間の景色。

私たちはずっと順繰り順繰り繰り返しているものがある。

 

私は幼い頃、父に背中を掻いてもらうの好きでした。

寝るときはいつもそうしてもらいました。

今、私は息子にそうしています。

息子もいつか、ちいさな背中を撫でながら眠る日が来るのかもしれない。

 

このドラマは録画しているので、昼間に観ると8歳の息子もじっくり見入ってます。

その横で私は、ツーツツーと涙を流しながら観ています。

全米が泣いた」ってよくいうけどさ、私に言わせたら「私の中にいる全私が、泣く」。

独身の頃の私がケビンやケイトを観て涙を流す。

親になった私が、ウィリアムやジャックを観て涙を流す。

親でもあり子でもある私がランダルを観て涙を流す。

女の私がレベッカを観て涙を流す。

そして全私がトビーに笑う!

そしてミゲルがどうしてよ!?

 

 最終話が楽しみです。

 

THIS IS US 36歳、これから オリジナル・サウンドトラック

THIS IS US 36歳、これから オリジナル・サウンドトラック

 

 

会えない時のために、こんにちはとこんばんは!

 

映画『トゥルーマン・ショー

私の好きな映画のひとつに『トゥルーマン・ショー』という映画があります。

主人公のトゥルーマンは、産まれた瞬間から秘密があった。

周りの誰もが知っていて、本人だけが知らない秘密。

ある日、そのことに気づいて・・・

 

私はこの映画を観ると、自分が幼い頃に感じていた神様の存在を思い出します。

神様というか、、思い出すというか、、何て言えばいいだろう。

何か自分以外の大きな意思によって自分が動かされているような感覚です。

でも無理やり動かされているわけではなくて、見守られているような。

 

トゥルーマン・ショー』の詳しいことはここに書きません。

ぜひ、観てください!
 

じゃあなぜ、『トゥルーマン・ショー』の話をするかというと、最近すごく自分の人生を演出されているような「リンク」や「シンクロ(シンクロニシティ)」を感じるからです。

 

この何日か、「やろうとしていること、思うこと」にタイミングよく情報が飛び込んできます。

私の全てを知っている誰かに、いろいろな出来事を仕込まれているような感覚になります。

まさに「トゥルーマン」状態。

 

今朝もこんなことがありました。

駅でバンバンと音を立てながら看板広告を張り替えている人がいました。

不自然なくらい大きな音を立てているので目線をそちらへ送ると、広告にこう書いてありました。

いつか輝こうじゃなくてさ、ことし輝こうぜ、絶対

 

・・・・!?

またしてもメッセージに思えました。

まごまごしている私のドラマに、しびれをきらした監督(視聴者?)からの。

 

ほんとうに不自然なほど看板をバンバン叩いていたその人は、私が目線を送るやいなやスッとその場を去ったので、私が気づくまで叩いてたのか?と思うほどでした。

頭上から大きな照明が落ちてくるんじゃないかって思いました。

(『トゥルーマン・ショー』観たらわかると思う)

 

トゥルーマン・ショー』を観ると、神様のような存在を思うのはこうゆうことかもしれない。

点と点がどんどん繋がっていく感覚や出来事。

そうゆう感覚を「神様」と私は呼ぶのかもしれないです。

最近、神様の気配を感じています。

 

トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]

トゥルーマン・ショー(通常版) [DVD]

 

 

 

こわいことやるの おもしろいって、わたし わかったんだもーん

絵本『ダンプえんちょうやっつけた』

昨日は息子にリクエストされて『ダンプえんちょうやっつけた』を読みました。

この絵本に出てくるセリフにこうゆう言葉があります。

「わたし、こわいんだも〜ん。こわいことやらないんだも〜ん。」

ちょっと臆病な女の子、さくらちゃんの口癖です。

だけど、最後はこう言います。

「こわいことやるの おもしろいって、わたし わかったんだもーん」

 

ん?

失敗を怖がる臆病な私(前回の記事をご参照ください)へのメッセージですか?

何度も読んで知っているセリフだし、いつもは息子に伝えるように読んでいるセリフなのに、昨日は神様から言われているように思いました。

 

さくらが「こわいことやるの おもしろいっ」て気づくまでの流れ、ぜひ読んでみてほしいです。

 

『ダンプえんちょうやっつけた』は、『おしいれのぼうけん』と同じ作者の絵本です。

長い話なので、寝る前にこれをリクエストされると、ウッと一瞬たじろぐ(寝る時間が遅くなる)けど、読み始めると不思議と読んでて苦にならない。

スピード感があってグイグイと世界に引き込まれていきます。

子どもたちの考えた作戦が思い描いた通りには成功しない。

だけど、それぞれの仕掛けが思いもよらないタイミングで功を奏でる。

伏線回収されていくドラマを見ているようで爽快です。


この絵本を読んだのは、息子が小学校の図書室で借りてきたのが最初。

「この本、買ってほしいな」と、めずらしく息子から頼まれて買いました。

息子はこの絵本をとても気に入りました。

私も、登場人物たちが歌うようにセリフを掛け合うシーンが好きです。

私は初めてこの歌うシーンを読んだとき、どう読んだら良いか探り探りで、ちょっと原田泰造ネプチューン)の自己紹介みたいな読み方(歌い方)をしました。

どんなふうか、伝わりますかね?笑

「まぁがったぁ~ことぉは大嫌い~♪ 、 は~ら~だ・たいぞぉですっ♪ 」みたいな。

可笑しかった。

息子とゲラゲラ笑いました。

今では、息子が作曲したフレーズがあって、そのとおりに読まないとダメ出しされます。

よそさまでは、どんなふうに読んでるんだろう。

我が家は演歌ふうで、「えぇんちょうは~ダァアンプで~、おれはガラパン~♪」の最後の「ン」の伸び音で半音あげます。笑

 

それから、昨日、面白いことに気づきました。

タイトルが『ダンプえんちょうやっつけた』ってネタバレじゃないですか?

どうして『ダンプえんちょうやっつけろ』にしなかったのかなあって。

どっちが勝ったかわからない方がドキドキしない?

私がそうつぶやいたら息子が言いました。

「『やっつけた』だからいいんだよ」と。

「どうやっつけたのか、すごい気になるでしょ」と。

確かに。

確かに!

絵本を読むと、こうゆう息子の目線に触れる機会があるから楽しい。

ドキっとします。

 

 

ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)

ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)

 

 

有言不実行の私へ「失敗してもいいよ」

書きたいことが溜まっています。

どうして溜めちゃうか。

やっぱり構えてるんだな。

あーして、こーして、こんなふうに見せたいって。

それじゃ、また今までの二の舞だと思うので。

やるやる詐欺にならないために、今、先に行動するということをしてみてます。

この記事は、ぶっつけ本番で、書いてすぐ公開しようと思います。

なんかドキドキしてきました。

『この「ひとりごと」は誰かに読まれている』という事を良いプレッシャーにしたいと思います。

 

某日、会社を休んで一日ひとりで行動していました。

その前日は、読み聞かせの当番で小学校へ絵本を読みにも行っていました。

それらのことを記事にしようといろいろ考えていたら、きっとまた動けなくなっていく自分に気づきました。

なのでまずは、「こうしようと思っている今」を打ち明けてみようと、この記事を書いています。

 

さっき、某日って書きましたが、ぶっちゃけ昨日です。
そして昨日はすごく濃い1日で、アウトプットに時間がかかりそう。

そして今日はこのあと、授業参観です。

書きたくなりそうな事が溜まっていく一方です。

計画通りに進めた事、行き当たりばったりに行動した事、感動した事がたくさんあるのだけど、それを伝えようと思うと途端に構える自分がいます。

「ちゃんと~しなきゃ」という強迫観念で行動している(結局行動できない)私を今、もうひとりの私が「失敗してもいいよ」と背中をさすっている状態です。

 

 

マブエ、花菜ちゃんの絵を買う。

人生の転機となる絵

山田花菜:ふゆの子どもたち

山田花菜ちゃんの絵です。

小田原のミントココアというカフェで開催されていた『こども風景』という個展での作品です。

初めて、ちゃんとお金を払って花菜ちゃんの絵を手に入れました。

「マブエの日記は役に立とうと構えすぎだよ」って言ってくれたのは、この花菜ちゃんです。

花菜ちゃんとは昔、同じアトリエに通っていました。

私にとって、花菜ちゃんの作品を買うという行為は、特別な事です。

どんなふうに特別なのか、どうして今まで買おうとしなかったのか、うまく説明できないのだけど。

私の中でいろんな思いがありました。

私が花菜ちゃんの絵を買う時がきたら、それは私が「絵を描かなくなったとき」のような気がしていました。

それは私が「夢を諦めたということ」と同義のような気がしていました。

花菜ちゃんがひたむきに絵本作家を目指していく中で、私はどんどん描くことから遠ざかっていました。

私の仕事上の肩書は「デザイナー」となり、絵具や筆を握ることはなくなっていました。

子どもを産み、母となった自分は「イラストレーターになる夢が叶わなかった大人」として受け入れる時期にきたんだと思っていました。

でも今年の夏、父が脳梗塞を発症して体の自由を失ったのを機に「生きる時間」について深く考えるようになりました。

私の気持ちは変わりました。

花菜ちゃんに「この絵を売ってほしい」と言ったときの私の気持ちは違うものでした。

「夢を諦める」のではなくて「もういちど夢を叶える努力をしたい」という気持ちでした。

この絵の中には、自分の息子がいるような気がしています。

私には、一番上で寝ているのが息子で、

f:id:mombook-air:20171227114645j:plain

赤いズボンの子が花菜ちゃんの長男くんで、

f:id:mombook-air:20171227114702j:plain

ブランコに乗っているのが次男くんに見えます。

f:id:mombook-air:20171227114723j:plain

白いフクロウは自分に思えました。

そのことを伝えたら、花菜ちゃんがアヒルを添えてくれました。

f:id:mombook-air:20171227104254j:plain

個展中はフクロウしかいませんでした。

ヒルは花菜ちゃんという設定です。

これからも、この絵のようにお互いの息子たちを見守りながら、自分の「今」も楽しんでいきたいと思います。

大げさだけど、私はこの1枚の絵を買ったことを大きな転機にしたいと思っているのです。

由なし事(よしなしごと)

今年もあと10日。
全然、更新しなかったブログ。

あれもこれも書き留めておきたいと思いながら、今日に至ります。
マブエのブログは「役に立とうと構えすぎ」って。
私の事をよ~く知る友人に言われました。

そう、そうなんです。
なぜ構えるのか?


「役に立とうしている」というと聞こえはいいんだけど、
突き詰めていくと…

・丸腰の自分を見せるのが怖い
・かっこつけたい
・欲張り

とか、そんな自分の本音がでてきます。

でも、今日から少し「構える」のをゆるめていきたいと思います。
小さな積み重ね。
散文のまま、ブログを更新していきます。

まずは、ただの個人的な備忘録として。
以下、書こうとしていたことをひたすら列挙してみる。

・ブログをはじめる理由
はてなIDがなかなか決められなかったこと
・絵本はプラレールのトンネルにも最適だった
・石であそぶ
パーマンヘルメットを作ってみた
・同じものを見ていても、自分とはちがう世界の見え方があることとか
・ばななせんせいの前で泣く「…(ちげーしっ!!!!)」
・絵本の記憶
・はい、よろこんで
・古本まつり 高円寺編
・息子と東京蚤の市 2017春
・息子と東京蚤の市 2017秋
・声に出して読みたい絵本のセリフ
・親になって、気を付けていること
・出産祝いに1年間、絵本を送り続けてくれたHさんのこと
・ママと絵本と寝かしつけ
・とんちゃんの読み聞かせ講座
CSSで「ふきだし」を作る
・町田リス園とリス絵本
・配偶者の呼称いろいろ
・35歳差
・読み聞かせボランティア「やさいのおなか」でデビュー
・読み聞かせボランティア「かしこいビル」での失敗談
・読み聞かせボランティア「よかったねネッドくん」F君のナイスなツッコミ
・読み聞かせボランティア「あなのはなし」F君のナイスなツッコミ
・読み聞かせボランティア「こんにちは いぬ」のセリフがいい
・読み聞かせボランティア「こんにゃくせんせい」を読む勇気
・読み聞かせボランティア「ジャリおじさん」を読む勇気
・読み聞かせボランティア「シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる」がウケた
・読み聞かせボランティア「かえるくんにきをつけて」の失敗談
・読み聞かせボランティア「みんなのかお」レッサーパンダが可愛すぎる
・読み聞かせボランティア「ねえ、どれがいい?」Y君の衝撃発言
・父のこと
・母のこと
・兄のこと
・親友と心友
・かかとがメロンパン
・夢を叶えるゾウ
・会社を休んで世界堂と上野へ
・なぞり描きでアウトプットのリハビリを
・仏絵師だったと本気で信じてみたら?!
・きつねせんせいの「プラシーボですが何か?」

まだまだ、ここに書き出せていないことがいっぱいある。
今後は、読み聞かせボランティアの記録はもちろんのこと、絵本にこだわらずコツコツと他愛もない出来事もアウトプットしていこうと思います。

私が絵本読み聞かせボランティアを始めた理由

きっかけは『絵本インプロ』

2016年の夏、 私は絵本読み聞かせ講師「とんちゃん(上甲知子さん)」の読み聞かせを初体験した。
息子と遊びにいった『絵本インプロ』でのことだった。
インプロというのは Improvisation(インプロヴィゼーション)の略で、 日本語では「即興」という意味。
私が参加した『絵本インプロ』は、「絵本読み聞かせ」と「インプロ」のコラボ企画だった。

以前、私が初めて体験したインプロがとても楽しかったので、いつか息子にも体験させてあげたいと思っていた。

『うまいこと言ってやろう』といつも構えがちな私にとって、即興で表現することはとても苦手だと思っていたけれど、『あれこれと頭を巡らせず、相手の表現を素直に受け止めながら自分のアイデアもすぐ返す』というコミュニケーションがとても楽しかった。
大人がイエス・アンドの精神で楽しむ「インプロ」を体験すると、子どもとの会話がぐっと弾むようになるのでオススメ。

前置きが長くなってしまったけれど、私が絵本読み聞かせボランティアをやろうと決心したのは、この『絵本インプロ』がきっかけなのです。

『ちへいせんのみえるところ』とインプロ

即興パフォーマンスをしながら体を動かし、 合間合間に読み聞かせタイムが入る。

そのときの読み聞かせで聞いたとんちゃんの声、絵本をめくる手つき、読み終えたあとの呼吸、いろんなことにくぎ付けになったのを覚えている。

とんちゃんが読んだ絵本のうちの一冊が『ちへいせんのみえるところ』長新太(作)だった。

なんと、この絵本にでてくる言葉は「でました」のみ。
とんちゃんは「でました」としか言わない。
地平線からひたすら何かが出てくるストーリー。

きっと、とんちゃんに読んでもらっていなかったら、『ちへいせんのみえるところ』をストーリーだなんて思わなかったかもしれない。
その前に、この絵本を息子に読んであげようとは思わなかっただろう。
だって、「でました」しか書いてない絵本をわざわざ読んであげることもなかろう。

だけど、『ちへいせんのみえるところ』読んでもらってみたら、めちゃくちゃ良かった。
家で息子と開く絵本とは違う魅力がそこにあった。
とんちゃんの選書から伝わる何か。

この日を境に、開いた絵本の正面にいる自分からは見えない「何か」を知った。
絵本の後ろにいるとんちゃん側からしか見えていない景色が気になった。

そして、とんちゃんのメルマガやブログを読んでみた。
そしてとんちゃんの選書から伝わる何かが私を動かした。

読み聞かせボランティアとは何か

息子の小学校では週1回、保護者が読み聞かせをする時間がある。
息子が1年生になった春、読み聞かせボランティアに誘われたがその時は断った。
読み聞かせの時間は平日の朝なので、仕事に遅れてしまう。
絵本なら家で息子に読んでいるし、第一みんなの前で読むのは緊張するだろう。
小学校で絵本を読みたい理由がなかった。

だから断った。

だけど、とんちゃんを知ってしまったら、 絵本読み聞かせボランティアをやらないことがもったいないと思った。
私は「とんちゃんの読み聞かせ」を知っているという使命感みたいなものまで湧いていた。
とんちゃんみたいに絵本を読んでみたいとも思った。
息子も、朝の読み聞かせに私が来ることを望んでいた。

もう、私に読み聞かせボランティアを断る理由はなかった。
気がかりなのは、勤務開始時間に30分遅れることくらいだ。
ボランティアの順番がまわってくるのは月に1回~2回程度。
毎月に1時間分の減給となるけれど、それ以上の価値があると思った。

そして2学期から小学校の読み聞かせボランティアを始めることにした。

初めての読み聞かせボランティア、 デビュー1冊目に読んだ絵本は、とんちゃんのアドバイスで『やさいのおなか』にした。

そのときの様子も記事にしたいと思っている。

追記:とんちゃんについて

私はとんちゃんに出会い、ブログを読み、読み聞かせボランティアを始めたけれど、絵本読み聞かせ講師とんちゃんのブログは、読み聞かせボランティアすることを推奨していたわけではない。
とんちゃんが大切にしているのは、家で我が子を膝にのせて読むような、絵本で子育てする読み聞かせの楽しさだったり、絵本の持つ力みたいなことを伝えてくれています。
私が最初にとんちゃんを知ったのは手作りの冊子でした。
とんちゃんと一緒に活動している絵本作家の山田花菜ちゃん(高校からの心の友!)から、もらった小さな冊子。

f:id:mombook-air:20170415182501j:plain 

今は冊子もバージョンアップして発送してもらえます。

www.reservestock.jp