マブエの絵本日記

絵本を読んだこと、見たこと、思うことなどを綴ります。

転校するS君へ読んだ絵本『はじまりの日』

転校するS君に向けて

7月某日、1学期最後の読み聞かせを担当した。

S君にとっては、このクラスで最後の読み聞かせだった。

S君は、1学期が終わると引っ越して転校する。

そんなS君への読み聞かせに選んだ最後の絵本は『はじまりの日』にした。

『はじまりの日』

きみが 手をのばせば

しあわせに とどきますように


まわりの 人びとと

たすけあって いけますように


星空へのぼる

はしごを 見つけますように


毎日が きみの はじまりの日

きょうも あしたも

あたらしい きみの はじまりの日


やくそくを まもって

うそをきらいますように


このひろい 世界が

きみの目に 光りますように


背を まっすぐのばして

いつでも 勇気がもてますように


毎日が きみの はじまりの日

きょうも あしたも

あたらしい きみの はじまりの日


きみの手が ずっと はたらきつづけますように

きみの足が とおくまで 走っていけますように


流されることなく

流れを つくりますように


きみの 心のうたが

みんなに ひびきますように


毎日が きみの はじまりの日

きょうも あしたも

あたらしい きみの はじまりの日

 

 

”星空へのぼるはしごを見つけますように”と読んでいたら、誰かが絵本の中のはしごを見つけて、「あ、あれにのぼるんだね」ってつぶやいた。

 

▼絵本
はじまりの日 作:ボブ・ディラン,絵:ポール・ロジャース,訳:アーサー・ビナード|本 | 通販 | Amazon