マブエの絵本日記

絵本を読んだこと、見たこと、思うことなどを綴ります。

こわいことやるの おもしろいって、わたし わかったんだもーん

絵本『ダンプえんちょうやっつけた』

昨日は息子にリクエストされて『ダンプえんちょうやっつけた』を読みました。

この絵本に出てくるセリフにこうゆう言葉があります。

「わたし、こわいんだも〜ん。こわいことやらないんだも〜ん。」

ちょっと臆病な女の子、さくらちゃんの口癖です。

だけど、最後はこう言います。

「こわいことやるの おもしろいって、わたし わかったんだもーん」

 

ん?

失敗を怖がる臆病な私(前回の記事をご参照ください)へのメッセージですか?

何度も読んで知っているセリフだし、いつもは息子に伝えるように読んでいるセリフなのに、昨日は神様から言われているように思いました。

 

さくらが「こわいことやるの おもしろいっ」て気づくまでの流れ、ぜひ読んでみてほしいです。

 

『ダンプえんちょうやっつけた』は、『おしいれのぼうけん』と同じ作者の絵本です。

長い話なので、寝る前にこれをリクエストされると、ウッと一瞬たじろぐ(寝る時間が遅くなる)けど、読み始めると不思議と読んでて苦にならない。

スピード感があってグイグイと世界に引き込まれていきます。

子どもたちの考えた作戦が思い描いた通りには成功しない。

だけど、それぞれの仕掛けが思いもよらないタイミングで功を奏でる。

伏線回収されていくドラマを見ているようで爽快です。


この絵本を読んだのは、息子が小学校の図書室で借りてきたのが最初。

「この本、買ってほしいな」と、めずらしく息子から頼まれて買いました。

息子はこの絵本をとても気に入りました。

私も、登場人物たちが歌うようにセリフを掛け合うシーンが好きです。

私は初めてこの歌うシーンを読んだとき、どう読んだら良いか探り探りで、ちょっと原田泰造ネプチューン)の自己紹介みたいな読み方(歌い方)をしました。

どんなふうか、伝わりますかね?笑

「まぁがったぁ~ことぉは大嫌い~♪ 、 は~ら~だ・たいぞぉですっ♪ 」みたいな。

可笑しかった。

息子とゲラゲラ笑いました。

今では、息子が作曲したフレーズがあって、そのとおりに読まないとダメ出しされます。

よそさまでは、どんなふうに読んでるんだろう。

我が家は演歌ふうで、「えぇんちょうは~ダァアンプで~、おれはガラパン~♪」の最後の「ン」の伸び音で半音あげます。笑

 

それから、昨日、面白いことに気づきました。

タイトルが『ダンプえんちょうやっつけた』ってネタバレじゃないですか?

どうして『ダンプえんちょうやっつけろ』にしなかったのかなあって。

どっちが勝ったかわからない方がドキドキしない?

私がそうつぶやいたら息子が言いました。

「『やっつけた』だからいいんだよ」と。

「どうやっつけたのか、すごい気になるでしょ」と。

確かに。

確かに!

絵本を読むと、こうゆう息子の目線に触れる機会があるから楽しい。

ドキっとします。

 

 

ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)

ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)